製品情報

See what airboats we offer

Custom Made Airboat

フレッシュエアーのエアボートはカスタムメイド
フレッシュエアーのエアボートは全てカスタムメイドです。航空力学や流体力学について豊富な知識を持ち、車や航空機のエンジンの開発にも長けたオーナーが、豊富なアイデアを総合的な視点で製品に反映しています。また、フレッシュエアーのエアボートは「日本型エアボート」を意識しています。本場アメリカのエアボートは、本来湿地帯や浅瀬などを航行することが目的で作られている為、転覆の危険性をあまり考慮する必要がありませんが、水深のある川や湖が多い日本での使用環境を考慮した場合は転覆や全沈への対応策が必須です。このような観点から、フレッシュエアーでは独自に開発した仕様のエアボートを生産・販売しています。

フレッシュエアー製エアボートの特徴

規格サイズ

ハル(船の全長)の基本規格サイズは15フィート・18フィートの2タイプです。

不沈仕様

深い水深域での航行も考慮し、万が一の時の際の備えとして、不沈仕様を標準仕様としています。

スクーパー®

スクーパー®は落水者を機械的に救い上げる独自のピックアップユニットです(オプション仕様)。

オプション

アイゼンブレーキ・作業台・ハシゴ・デッキパット・照明・その他、オリジナルの装備や艤装が可能です。

規格サイズ

船体の長さは、15フィート、18フィートの2つ。ご要望により16フィートや20フィート、運搬や格納環境に対応するためその他のサイズへ変更もできますが、その場合は納期が延長します。また、船体の材質はアルミ製とFRP製とがあり用途から決定します。ハル、エンジン、プロペラ、座席数、塗装、装備などのご要望を聞き、エンジンパワーに一番マッチするプロペラを組み合わせて提案します。

エアボート《15フィートタイプ》

基本規格の18フィート(全長約4.6メートル)のエアボート。

エアボート《18フィートタイプ》

基本規格の18フィート(全長約5.5メートル)のエアボート。

不沈仕様

フレッシュエアー社製エアボートは、深い水深域での航行も考慮し不沈仕様を標準装備しています。不沈構造は船の全沈を防止するための安全設備です。

アメリカでは、エアボートは人間が立てる程度の水深で航行するケースが多く、不沈構造は基本必要ありませんが、日本では川や海などかなりの水深があるところでの航行、また救助艇として瓦礫が混ざる水上での航行も想定していることから、万が一船体に穴が空いた際の水の浸水を防ぐ、全沈を防止する不沈仕様は必須と考えました。

この際、重心は十分考慮しており、船舶検査も通過しています。さらに、実際の水害現場での救助実績もあり安全性は実証済みです。輸入エアボートの場合は浮体を入れて浮力を向上するリクエストは受け付けないところもあるので、不沈構造のエアボートは、日本国内においてはフレッシュエアー社製のみと言えます。船底の樹脂貼りも同様に標準装備となります。

スクーパー®

濁流、急流、瓦礫、水中障害物を乗り越え敏速かつ確実に要救助者へアプローチし、救出できるようにつくられたフレッシュエアー製の救助用エアボート。操縦者が救助も行えるように開発した、落水者を機械的に救い上げる独自のピックアップユニット・スクーパー®は、デッキをフラットに大きくしていることで救出者に対する心肺蘇生や応急処置を施すことができます。なお、この部分はハシゴや作業台への仕様変更が可能です。

オプション

アイゼンブレーキ

凍った湖の走行で活躍する「アイゼンブレーキ」。結氷面での走行をより安全なものにします。

リトラクタブルトリムシステム

通常の小型船舶に使用されるトリムタブを、陸上走行時に干渉しないようエアボート専用仕様(自社開発)にしています。乗船状態によって重さが偏る場合、理想的な走行姿勢になるよう調整できます。これによりポイジングも抑えることができます。

デッキパット

ご使用用途に応じて、塗装仕上げかデッキパット仕上げかを選択できます。クッション性もよく滑り止めにもなります。文字やロゴを入れることもできます。

インカム・イヤーマフ アセンブリーセット

市販のインカムをイヤーマフに装着したインカムセット。4人までの同時通話が可能です。 耳の保護と会話を楽しむために制作。 Bluetoothの接続で音楽を聴ける他、自動で電話も受けることができ、ラジオも楽しめる。1人作業時にも便利にご使用できます。

ヘルメット取付けタイプ(片耳タイプ)

ヘルメットが必須な工事現場などで、無線やトランシーバーをご使用中のかた用。両手で作業しながら通話でき、電話も受けられて便利です。 見通しが良ければ700メートルほど離れていても通話できます。片耳タイプなので、周囲の音が聞こえないと不便な場面に向いています。マイクは単一指向性マイクにより周囲の音を拾いにくくなっています。ヘルメットのタイプによって取付金具が合わない場合は、別途制作することも可能です。

後付けでスクーパーを取り付けできます

救助、運搬作業、拾得作業等に便利な「スクーパー®」を装備すれば、日頃のご用途に加え、緊急時に活躍できる船として活躍できる場面が増えます。使用しているネットは耐腐食性、耐酸性、耐候性、耐破網性に優れている樹脂です。

スクーパー®の仕様変更

スクーパー®は、作業台、ハシゴなどへも変更が可能。用途は更に広がります。

エスキモーロールシステム(転覆時姿勢復元装置)

不万が一転覆した場合には、船体を自動的に元の姿勢に戻すエスキモーロールシステム(転覆時姿勢復元装置)の搭載が可能です。姿勢を復元させることで油類の流出を最小限に押さえ、復元された船に乗り込めば身体も保護され早期の着岸も可能になります。現在、新型を開発中です。※国際特許出願済み