株式会社フレッシュエアーは、エアボートを救助用・レジャー用として日本国内で製造し、提案していくエアボートのディベロッパーです。


sns facebook twitter

エアボートを、レジャー用として、救助用として、広く日本で普及させたい

当社のホームページをご覧くださり、ありがとうございます。

エアボートというと、耳慣れない方が多いと思いますが、簡単にご説明すると、底が平坦で、飛行機と同様のプロペラと航空機や自動車のエンジンによって前進する船です。

アメリカにおいてのエアボートは、消防、警察、沿岸警備などで導入されているほか、ホームビルドで楽しんでいる人たちがいるくらい、大変ポピュラーな乗り物なのですが、日本ではホバークラフトと混同する人も多く、殆ど知られていないのが現状です。

また、海外でのエアボートは、レジャーや水上作業はもとより、スクリュー船では到底行けない所(浅い水路や河川、池、湿地や沼地から結氷面、漂流物が浮いた場所など)で、救助艇として大活躍しています。記録的なニューオリンズの大水害では、全米から3500台のエアボートがボランティアで集まり、水没した街中を走り廻り多くの市民を救助しました。長引いたタイの大洪水でも、軍のエアボートが大活躍したのが記憶に新しいです。

そして、日本においては、あの東日本大震災が起こりました。

私の生まれ故郷南三陸は、あの日、大津波にのまれ壊滅的な被害を受け、それは私から多くの友人と、故郷の美しい景色を奪いました。東京で目にしたニュース映像は、津波にのまれた市街地で、救助艇が瓦礫に阻まれて進めない光景でした。あの時、エアボートが在ったなら...。

エアボートは、たとえ瓦礫の浮いた水上でも航行可能な理想的な救助艇です。その実証となるのが、2015年9月、常総市でのエアボートによる救助活動でした。

弊社エアボートは、消防署傘下の元、鬼怒川の堤防決壊によって浸水した住宅地で救助活動を行いました。8時間ほどの稼働時間でしたが、陸上や瓦礫の上を走行しながらの活動で、エアボート1艇で46人を救助し、水害時におけるエアボートの有効性を実証したのです。

実は、実証となる国内事例は他にもあって、昭和28年の西日本大水害では、筑後川流域内において、米軍プロペラ船(エアボート)が救助を行った記録があります。このころ既に、エアボートは水害時に有効だと言うことがわかっていて活用されていたのです。

それにもかかわらず、日本での導入はおろか、殆ど知られていないのならば、そして、1人でも多くの人を敏速に助けることができるように、私がパイオニアとして、国産エアボートを日本に広める、これが未来に残せる自分のミッションだと強く感じています。

東京国際消防防災展2013で発表いたしました、救助専用エアボートFAR-1 with SCOOPERから続いて、FAR-2 を開発・製造。今後も、デモンストレーション等を行いながら啓蒙活動及びご提案を行って参ります 。

どうぞ宜しくお願いいたします。(代表取締役 佐々木 甲)


【FRESHAIR AIRBOATS『 FAR -2』】
フレッシュエアー社製エアボート「FAR-2」 実験艇でのデモンストレーションやテスト走行を編集した動画です。不沈仕様、救助用エアボートの性能をご覧ください。

 
エアボート問合せ先 info@airboat.jp
Copyright (C)2013 Airboat JAPAN All Rights Reserved.

PAGE TOP