The Only Airboat Manufacturing Company in Japan.


株式会社フレッシュエアーは、エアボートを国内で製造開発し、救助用・レジャー用として広く提案しています。

SEE MORE INFORMATION

The Only Airboat Manufacturing Company in Japan.


株式会社フレッシュエアーは、エアボートを国内で製造開発し、救助用・レジャー用として広く提案しています。

SEE MORE

Message

ご挨拶

エアボートを、救助用として、レジャー用として、広く日本で普及させたい

エアボートというと、耳慣れない方が多いと思いますが、簡単にご説明すると、底が平坦で、飛行機と同様のプロペラと航空機や自動車のエンジンによって前進する船です。

アメリカにおいてのエアボートは、消防、警察、沿岸警備などで導入されているほか、ホームビルドで楽しんでいる人たちがいるくらい、大変ポピュラーな乗り物なのですが、日本ではホバークラフトと混同する人も多く、殆ど知られていないのが現状です。

また、海外でのエアボートは、レジャーや水上作業はもとより、スクリュー船では到底行けない所(浅い水路や河川、池、湿地や沼地から結氷面、漂流物が浮いた場所など)で、救助艇として大活躍しています。記録的なニューオリンズの大水害では、全米から3500台のエアボートがボランティアで集まり、水没した街中を走り廻り多くの市民を救助しました。タイの大洪水でも、軍のエアボートが大活躍したのが記憶に新しいです。

そして、日本では、あの東日本大震災が起こりました。

私の生まれ故郷南三陸は、あの日大津波にのまれ壊滅的な被害を受け、私から多くの友人と故郷の美しい景色を奪いました。東京で目にしたニュース映像は、津波にのまれた市街地で救助ボートが瓦礫に阻まれて進めない光景でした。「もし、あの時エアボートがあったなら。」これが大きなきっかけとなり、2011年弊社でエアボート製作が始まりました。

エアボートは、たとえ瓦礫の浮いた水上でも航行が可能で、水害時は大変有効性の高い救助艇となります。それを実証したのが、2015年9月、鬼怒川が決壊し水没した常総市での救助活動でした。地元消防署の応援要請の元、弊社のエアボートにより浸水した住宅地で救助活動を行いましたが、約8時間で、1艇で46人を救助したのです。実は、実証となる国内事例は過去にもあり、昭和28年に起きた西日本大水害では、筑後川流域内で米軍のエアボートが救助を行っていました。

「エアボートは水害時に有効」ということがわかっているにも関わらず、日本では普及はおろか殆ど知られておらず、ならば、自分がパイオニアとして救助用エアボートを製造し、日本国内に広め未来に残す。これがフレッシュエアーのミッションだと強く感じています。

What' s Airboat?

エアボートの特徴


エアボートは、水中に操作部が一切ない底がフラットな船です。浅瀬や水路、浮遊物がある水面、濁流や湿地帯、また、多少の陸上でも走行が可能です。その特性を生かし、アメリカでは洪水など水害時の理想的な救助艇としてもポピュラーで、日本でも徐々にその必要性が認められつつあります。


船底  


船底は真平で典型的な滑走艇

エンジン


水中にスクリューはない

プロペラ


空中で回転させたプロペラで得る推進力で進む

ラダー 


プロペラ後部のラダーで方向転換する

Process

受注からレクチャーまで

Schedule

2019
2019

⒈ 受注契約

用途や乗船人数、予算など細かいお打ち合せを重ね、受注契約を交わします。

2019

⒉ 設計・発注

ご要望をもとに船体を設計し、フロリダ提携先メーカーへ図面指示。エアボート専用のエンジンやパーツ選定を行います。

2019

⒊ 製造・テスト

設計発注した船体パーツが届き次第、溶接・加工・組立・塗色、諸テストなどを行いながら製造していきます。製造期間は契約申込金を入金後、標準で半年が目安です。

2019

⒋ 完成

不沈仕様などフレッシュエアのオリジナル仕様を施したエアボートとなります。

2019

⒌ 船舶検査

エアボートは船舶検査は必須です。細かい基準をクリアする為細心の注意が払われます。

2019

⒍ 納艇

発注先へ納艇後、進水式などが行われます。

2019

⒎ 操舵教習

エアボートは他の小型船舶とは違う操舵技術が必要なため、納品時はインストラクター資格を保有するオーナーによる操舵教習を行います。

現在、アメリカ国内最大メーカーを含む大手エアボートメーカー6社、マリーントレーニング社との連携を図り、様々な情報、意見交換を交えながら、船体の研究開発を進め、調査・救助・レジャーにおいてさらに有用性のあるエアボートをご提供します。また、安全にエアボートを操縦して頂くために、納艇後に操舵教習を実施しています。水深による操縦感覚の違いや陸上走行時の操縦、風を利用した離岸方法など、アメリカで資格を取得した専任インストラクターがレクチャーします。

Facebook

SNS

Airboat.jp

エアボート開発、製造、販売
Airboat.jp
Airboat.jp6 days ago
プロップチョッパーシリーズ『スワット』は、救助用、調査用、レジャー用として幅広く活用できるエアボートです。

懸念される軽石漂着時にも問題なく使用できますし、積雪、結氷面でも走れます。

専用トレーラーとセットで750kg未満。
けん引免許不要です。

https://airboat.jp/swat/
Airboat.jp
Airboat.jp
Airboat.jp1 month ago
軽石漂着問題
沖縄本島や周辺離島に軽石が漂着し、観光や漁業に多大な被害を及ぼしています。黒潮にのり高知県の沖合でも軽石が確認され、今後は関東沖にも漂着する予測が出ています。

防御するフェンスを設置したり除去したりなど、様々な手段で対策をしているようですが、軽石が浮遊する水上を航走できる船がなく工夫しながら進めているようです。
軽石の影響で、重油を積んだ船が接岸しても重油をおろす十分な接岸時間が得られず離岸してしまったそうです。このままでは停電の懸念も出てきます。

軽石は水面だけでなく水中にも浮遊しています。海底に沈んでいるのもあります。大きいのもあれば砂のように小さなものも浮遊しています。

そんな水域を問題なく走れるビークルは、エアボートだけです。

生活物資を積んだ船の接岸時の対策として、エアボートで素早くフェンスを設置できれば、様々な懸念も低くなっていくのではないでしょうか。養殖棚やその周辺水域へのフェンス設置も、エアボートならなんの問題もなく実施できます。

エアボートの利点を多くの行政の方々にも認知して頂き、活用する策を施してもらえたらと思います。

軽石を除去できない水域では、臭いも出てきているという話も耳にし、一日も早い除去作業や防御対策が進むよう願っています。
Airboat.jp
軽石が大量に漂着した沖縄本島では除去作業が急ピッチで進められていますが、その影響は住民の足にも及んでいます。北部にある 運天港では離島を結ぶフェリーが欠航、入港できないフェリーは別の港に着岸しました。.....